gnarly_logo

Making of “gnarly” 第1回 「キャラクターモデリング編」 (2/3)

2013年5月15日

モデリング

 

ここから、3DCG制作ソフトウェアでの作業に入ります。AQアニメーションでは、LightWave 3D というソフトウェアを使用しています。

 

まず、モデリング作業用の画面を開き、先ほどのイラストを背景に配置します。

 

 

modeling_001

 

 

ここからの作業はちょうど、お手本の絵の上にトレーシングペーパーを乗せてなぞるような感じですね。モデルを、上から見たところ、前(もしくは後ろ)から見たところ、横から見たところ、といった感じで画面が分割されています。

 

ここに、球体や箱などを配置して、粘土をこねるように整形していきます。

 

 

modeling_002

まず球体で大まかな形をとり…

 

 

modeling_003

おしりや足の付け根の形を整えて…

 

 

modeling_004

首を伸ばして…

 

 

modeling_005

切れ目を増やしてさらに伸ばして…

 

 

modeling_006

鼻までできました。

下絵をなぞるように形が作られているのがお分かりでしょうか。

 

 

modeling_008

同じ要領で、足、しっぽ、耳などを伸ばします。

左右の足や耳は、動かす時に違和感の無いよう、また作業しやすくするために

元の形を意識しつつ、左右対称になるようします。

(最終的に元の絵と同じ形になるように調整しますが、

それはまた後の回で解説します。)

 

 

modeling_009

最後に、鼻のシワ、唇など細部を作りこんで、形状の完成です。

 

 

 

こぼれ話

バクは、ひづめの数が奇数である「奇蹄目(きていもく)」に分類されていますが、実は前足のひづめが4つ、後ろ足のひづめが3つという、珍しい動物なんだそうです。(今回このキャラクターをモデリングするにあたって調べて初めて知りました。)

 

 

さて、形状が完成しましたので、次はこのモデルに色を着けます。

1 2 3